君の膵臓をたべたい

本のタイトルです(笑)

去年の本屋大賞2位にもなった話題の本。今年夏には映画化されるそうです。

私のイメージでは男性役は合わない気がしますが、映画化されたら観に行ってみたいです。

私も気になっておりまして、去年やっと図書館のリクエスト順番が回ってきましたので、

年末のお休みに読んでみました。

この住野よるさんという作家さんの本は初めて読みました。

ここから多少ネタばれになりますので、読む予定の方は読み終わってから読んでくださいね。

簡単にいうと恋愛小説に入ると思います。

タイトルがおどろおどろしいので、グロテスクなのかと思いましたが、このタイトルが

最後の最後でこういうことか!と納得そして、感動します。

私は恋愛小説はほとんど読まないのですが、この本に関しては不覚にも最後は号泣でした。

簡単にあらすじを言うと、友達以上恋人未満なんですけど、「友達が友達の域を超えてる」

青春ものは遥か昔の記憶なんですけど、そんな年代も共感できると思います。

お時間がある方は是非、読んでみてくださいね。



紅茶と烏龍茶のお店 さくら

紫陽花も咲いてきました。 外を眺めて、ゆっくりお茶を飲みませんか。

0コメント

  • 1000 / 1000